井上靖記念館について

井上靖記念館

井上靖記念館は井上靖が旭川で生まれたことを記念して、1993(平成5)年7月24日に開館しました。この記念館には、自筆の取材ノートをはじめ、直筆原稿、文学作品、親交のあった芸術家の作品など、井上靖の83年の生涯を紹介する貴重な資料を展示しております。


このほか、定期的に企画展を開催したり、中高生を対象としたエッセーコンクール、文学に関する講演会、ロビーコンサート、朗読会やおはなし会等、おとなから子どもまでの幅広い方々に楽しんでいただける行事を行っています。

井上靖邸の書斎・応接間

2012(平成24)年5月から、東京都世田谷区にあった井上靖邸の書斎・応接間を移転し、公開しています。井上靖が実際に使用していた家具、小物類、書籍の他、生涯大切にしていた陶芸家・河井寛次郎の壺や灰皿、抹茶碗など、当時のままに再現し展示しています。


次の時間帯で、当館職員による書斎・応接間についての簡単なガイダンス(実施時間20分程度・料金無料)を行っております。ご希望の方は、開始時間になりましたら書斎・応接間までお越しください。


※下記の時間帯以外でも、団体見学等のお客様へは個別対応もいたしております。お気軽にご相談ください。



【例】ラウンジでの概要説明→常設展示室見学(職員解説付)→書斎・応接間見学(職員解説付)・・・約1時間のコース

【例】ラウンジでの概要説明→常設展示室見学(自由観覧)→書斎・応接間見学(職員解説付)・・・約45分間のコース


<ガイダンス開始時間>(1日7回実施)

9:30 / 10:30 / 11:30 / 13:15 / 14:15 / 15:15 / 16:15



通路壁面に書斎・応接間に関する記述がありますので、参考にしてください。また、応接間の展示資料リストや雑誌類は自由にご覧ください。

ラウンジ

記念館内ラウンジは、ゆったりとしたスペースにイスとテーブルを置き、奥のコーナーには金子鷗亭書「飛天と千仏」を展示しております。


入り口側の書棚には、井上靖の作品を中心に、北海道の郷土資料本、各地の文学館の出版物及び関連図書が並んでいますので、自由に手に取って読書をお楽しみいただけます。

ラウンジからの眺めを楽しみながら、ゆっくりとおくつろぎください。


6月から10月までの土・日・祝及び11月3日文化の日には、ボランティア団体「井上靖ナナカマドの会」による喫茶コーナーがオープンしておりますので、こちらもあわせて御利用ください。


常設展示室

常設展示室では、井上靖の幼少時代、青春時代、新聞記者時代、作家時代、晩年までをコーナー別に展示しています。


また、ビデオ映像で井上靖の生涯を紹介するコーナーの他、書籍資料、取材ノート(敦煌ノート、孔子ノート)、直筆原稿、愛用品、親交のあった芸術家の作品や書簡等を展示しています。


常設展示室の中央部分では、年間4回の企画展を開催しています。