年譜

1907(明治40)年
 5月6日、北海道石狩国上川郡旭川町(現・旭川市)に、父・隼雄、母・やえの長男として生まれる。
1908(明治41)年   1 歳
 父の従軍にともない、母・やえとともに母の郷里(静岡県田方郡上狩野村湯ケ島)に移る。
1912(明治45)年   5 歳
 両親と離れ湯ヶ島で祖母・かのに育てられる。
1914(大正  3)年   7 歳
 湯ヶ島尋常高等小学校に入学
1920(大正  9)年 13 歳
 祖母・かの死去。家族の住む浜松に移り、浜松尋常高等小学校に転校
1921(大正10)年 14 歳
 静岡県立浜松中学校に首席で入学
1922(大正11)年 15 歳
 静岡県立沼津中学校に転校。親戚の家などに下宿
1924(大正13)年 17 歳
 文学好きの友人と交流し、文学への興味を高める。
1926(大正15)年 19 歳
 沼津中学校卒業
1927(昭和  2)年 20 歳
 金沢の第四高等学校(現・金沢大学)に入学。柔道部に入部
1929(昭和  4)年 22 歳
 詩作を始め『日本海詩人』『焔』『北冠』などに詩を発表
1930(昭和  5)年 23 歳
 第四高等学校卒業。九州帝国大学(現・九州大学)に入学するも、3か月ほどで学問への興味を失い上京、その後退学
1932(昭和  7)年 25 歳
 京都帝国大学(現・京都大学)に入学。このころから懸賞小説に連続して入選
1935(昭和10)年 28 歳
 京都帝国大学名誉教授、足立文太郎の長女・ふみと結婚
1936(昭和11)年 29 歳
 京都帝国大学卒業
「流転」により第1回千葉亀雄賞を受賞
 大阪毎日新聞社に入社
1937(昭和12)年 30 歳
 軍隊に召集(名古屋野砲兵第3連隊)され、中国の北部各地に駐屯
1938(昭和13)年 31 歳
 除隊となり、大阪毎日新聞社に復帰
1942(昭和17)年 35 歳
 新聞社に勤務のかたわら京都帝国大学大学院で美術の勉強を始める。
1945(昭和20)年 38 歳
 終戦の日に「玉音ラジオに拝して」の記事を書く。
1949(昭和24)年 42 歳
「猟銃」「闘牛」を『文学界』に発表
1950(昭和25)年 43 歳
「闘牛」により第22回芥川賞を受賞
1951(昭和26)年 44 歳
 毎日新聞社を退社し、作家としての活動に専念
1954(昭和29)年 47 歳
「魔の季節」を『サンデー毎日』に連載
1955(昭和30)年 48 歳
 7月12日、講演のため旭川を訪れる(1回目)。
1956(昭和31)年 49 歳
「出生の地の話」を『しるえっと』に発表
1957(昭和32)年 50 歳
「母を語る」を『婦人倶楽部』に「黙って笑顔を見せた母-わが母を語る」と題して発表
 日本作家代表団の一員として、中国各地を訪問
1958(昭和33)年 51 歳
「天平の甍」により第8回芸術選奨文部大臣賞を受賞
1959(昭和34)年 52 歳
「郷里伊豆」を『日本の風土記伊豆』に発表
「氷壁」その他の作品により第15回芸術院賞を受賞
 父・隼雄逝去(享年79歳)
1960(昭和35)年 53 歳
「私の自己形成史」を『日本』に連載
「敦煌」「楼蘭」により第1回毎日芸術賞(大賞)を受賞
1961(昭和36)年 54 歳
「淀どの日記」により第14回野間文芸賞を受賞
1962(昭和37)年 55 歳
 6月22日、講演のため旭川を訪れる(2回目)。
1964(昭和39)年 57 歳
「すずらん」を『北海タイムス』に発表
 日本芸術院会員となる。
「風濤」により第15回読売文学賞を受賞
1969(昭和44)年 62 歳
「おろしや国酔夢譚」により新潮社の第1回日本文学大賞を受賞
 日本文芸家協会理事長に就任
1970(昭和45)年 63 歳
「思い出すままに」を『CREATA』に連載
1972(昭和47)年 65 歳
「幼き日のこと」を『毎日新聞』に連載
1973(昭和48)年 66 歳
 西域の各国(イラン・イラク・トルコなど)を訪問
 母・やえ逝去(享年88歳)
1974(昭和49)年 67 歳
「旭川・伊豆・金沢」を『ふるさとの文学静岡』に発表
1975(昭和50)年 68 歳
「わが母の記」を講談社より刊行
1976(昭和51)年 69 歳
 文化勲章を受章
1979(昭和54)年 72 歳
 11月14日、講演のため旭川を訪れる(3回目)。
1980(昭和55)年 73 歳
「堀口先生のこと」を『三田評論』に発表
 NHKシルクロード取材班とともに中国を訪問
 日中文化交流協会会長に就任
 NHKシルクロード取材班とともに第28回菊池寛賞を受賞
1981(昭和56)年 74 歳
 シルクロードの取材で第32回NHK放送文化賞を受賞
 日本ペンクラブ第9代会長、日本近代文学館名誉館長に就任
1982(昭和57)年 75 歳
「本覚坊遺文」により新潮社の第14回日本文学大賞を受賞
1983(昭和58)年 76 歳
「四季それぞれ」を『WINDS』に発表
1984(昭和59)年 77 歳
 国際ペンクラブ副会長に就任
1986(昭和61)年 79 歳
 中国・北京に招かれ、北京大学名誉博士号を受ける。
1989(平成 元)年 82 歳
「孔子」により第42回野間文芸賞を受賞
1990(平成  2)年 83 歳
 9月18日から21日まで、井上靖文学碑の除幕式等に出席のため、旭川を訪れる(4回目)。
1991(平成  3)年
 1月29日、急性肺炎のため逝去。享年83歳。
 勲一等旭日大綬章が贈られる。