企画展

平成29年度の企画展

終了した企画展

第1回企画展 生誕110周年記念 井上靖 ― 愛蔵品展

東山魁夷、河井寛次郎、堂本漆軒…書斎・応接間に飾られた美術品の数々

平成29年4月15日(土)~平成29年7月9日(日)


井上靖は美術に造詣が深く、応接間には絵画を始めさまざまな美術品が飾られていました。

本展では、書斎・応接間と一緒に旭川市へ寄贈された美術品9点と井上靖旧蔵の絵画1点を、井上靖のご長女浦城いくよ氏のエッセイと共に紹介しました。

関連事業 『井上靖講座』

当館職員による企画展の解説を行います

日 時 平成29年5月13日(土) 午後1時30分~3時

場 所 井上靖記念館ラウンジ

申 込 電話またはFAXでご連絡ください

入館料 無料(講座の他、展示室の観覧も無料となります)

第2回企画展 井上靖 人と文学Ⅷ

 ―ローマオリンピック取材と欧州旅行

平成29年7月15日(土)~平成29年10月9日(月)


井上靖は、昭和35(1960)年7月20日から11月28日までの4ヵ月に亘る初めてのヨーロッパ旅行で、ローマオリンピックを取材し、北欧、イタリア、スイス、フランス、スペイン、ドイツ、イギリスとヨーロッパ各国を巡り、アメリカを訪ねた後、帰国しました。

旅行中に「ジャーナリスト」として配信した記事と共に、美術館巡りや古い寺院の探訪から結実した作品(詩集『地中海』・小説集『ローマの宿』・紀行記『異国の旅』・美術エッセイ)を紹介しました。

第3回企画展 色紙にみる井上靖の世界

平成29年10月14日(土)~平成30年1月28日(日)


井上靖は自作の詩や小説、エッセイの一部を好んで色紙に著しました。本展では色紙とその出典となる作品、および井上靖ゆかりの人物の色紙をとおして井上靖の多様な世界を紹介しました。

第4回企画展 収蔵品展 ~井上靖の足跡を辿る~

平成30年2月3日(土)~平成30年4月8日(日)


井上靖とゆかりの深かった方々や、個人から寄贈された初公開資料を中心とした展示を行いました。

また、それらに関係する書籍や文章を紹介し、作家が歩んできた足跡を辿りました。