過去の応募について


平成28年度の結果(第5回コンクール)

募集テーマ 「先生」

応募数 中学生の部 450作品 高校生の部 259作品 合計709作品

審査員長 吉増剛造(詩人)

審査員 平原一良(公益財団法人 北海道文学館 副理事長)、木村仁(北海道新聞社文化部長)

平成28年11月15日の北海道新聞紙上で発表

入賞者

中学生の部

■最優秀賞

「先生の手、僕の手」

小笠原 崇文(筑波大学附属中学校2年)


■優秀賞

「鬼の白鳥」

黒沢 愛子(立命館慶祥中学校2年)


「山の先生」

近藤 洋丞(北海道教育大学附属旭川中学校3年)


■佳 作

「心の中の道しるべ」

伊原 沙彩(筑波大学附属中学校3年)


「先生がいる、ただそれだけで」

宮腰 七海(旭川市立緑が丘中学校1年)


■井上靖ナナカマドの会賞

「先生」

菊池 萌珠実(旭川市立中央中学校3年)


高校生の部

■最優秀賞

「白いマスク」

池田 さやか(北海道おといねっぷ美術工芸高等学校3年)


■優秀賞

「しおむすび」

大田原 知美(北海道おといねっぷ美術工芸高等学校3年)


「先生道を征く人」

長尾 光倫(西武学園文理高等学校1年)


■佳 作

「佐々木先生」

若松 亜実(遺愛女子高等学校1年)


「ストーブ」

渡邉 真希子(静岡県立韮山高等学校1年)


■井上靖ナナカマドの会賞

「先生の名は失敗」

山田 颯大(北海道旭川永嶺高等学校1年)


表彰式について

平成28年12月18日(日)

表彰式と本コンクール審査員長 吉増剛造氏による講演会を行いました。式典終了後は井上靖記念館へ移動し、展示を見学していただきました。

チラシ

審査員長 吉増剛造氏プロフィール

  

 
   

平成27年度の結果(第4回コンクール)

募集テーマ「書く」

応募数 中学生の部 355編 高校生の部 122編 合計477編

審査員長 吉増剛造(詩人)

審査員 平原一良(公益財団法人 北海道文学館 副理事長)、鳥居和比徒(北海道新聞社文化部長)

平成27年11月17日の北海道新聞紙上で発表

入賞者

最優秀賞

■中学生の部

「おもしろい」のひとことから

遠藤 港音 筑波大学附属中学校 1年

■高校生の部

てのひらの記憶

奥村 玲菜 北海道旭川工業高等学校 1年

各賞の受賞者一覧(PDF)

優秀作品展

本コンクールに入賞した全12作品を展示しました。

期間:平成27年12月19日(土)~平成28年2月21日(日)

表彰式・記念講演会

平成27年12月20日(日)

表彰式と本コンクール審査員長 吉増剛造氏による講演会を行いました。

チラシ(PDF)

審査員長 吉増剛造氏プロフィール(PDF)

  
 
   

平成26年度の結果(第3回コンクール)

応募数 中学生の部 622編 高校生の部 103編 合計725編

募集テーマ 「ブ・カ・ツ」(部活)

井上靖は高校時代の3年間、柔道部の練習に没頭した日々を送りました。それは自伝的小説『北の海』に描かれている他、様々なエッセーに書き綴られていますが、部活動が彼の自己形成につながったといっても過言ではないでしょう。

各賞の受賞者一覧(PDF)

   

平成25年度の結果(第2回コンクール)

募集テーマ「ともだち」

応募数 中学生の部 102編 高校生の部 84編 合計186編

井上靖は、自伝的小説『しろばんば』『夏草冬濤』『北の海』などの中で友人との交流を生き生きと描き、詩やエッセーでも学生時代に出会った友の思い出を懐かしく語っています。

各賞の受賞者一覧(PDF)

  

平成24年度の結果(第1回コンクール)

募集テーマ「母を語る」

応募数 中学生の部 151編 高校生の部 109編 合計260編

井上靖は、エッセー『だまって笑顔を見せた母-わが母を語る』や映画化された小説『わが母の記』など、自身の母について書き残した作品がいくつもあります。

各賞の受賞者一覧(PDF)