青少年エッセーコンクール

平成30年度「第7回井上靖記念館青少年エッセーコンクール」

募集開始は6月中旬(予定) 北海道新聞・当館HPにて告知いたします

「第6回井上靖記念館青少年エッセーコンクール」

第6回の結果について

募集テーマ 「こえ(声)」


応募数 中学生の部 183作品 高校生の部 121作品 合計304作品

審査員長 吉増剛造(詩人・文化功労者・芸術院会員)

審査員 平原一良(公益財団法人 北海道文学館 副理事長)、斉藤佳典(北海道新聞社文化部長)

以上3名の審査員により最終審査を行い、入賞作品を決定いたしました。

平成29年11月14日の北海道新聞紙上で発表


入賞者

中学生の部

■最優秀賞

 ぼうや 

 宮腰 七海(旭川市立緑が丘中学校2年)


■優秀賞

 「声」からはじまる「人」

 小島 怜亜(立命館慶祥中学校1年)


 しるし

 小林 天音(立命館慶祥中学校1年)


■佳 作

 「声」が力に

 佐竹 美咲(旭川市立光陽中学校3年)


 「こえさがし」

 早川 公晴(北海道教育大学附属旭川中学校3年)


■井上靖ナナカマドの会賞

 私のこえ

 石井 優璃(北海道教育大学附属旭川中学校3年)


■井上靖生誕110周年記念特別賞

 「こえ」を読む 

 遠藤 港音(筑波大学附属中学校3年)


高校生の部

■最優秀賞

 聞こえる声のもつ心の声

 佐藤 文香(白百合学園高等学校3年)


■優秀賞

 私の身近な声

 木下 未来(北海道寿都高等学校2年)


 「声の力」

 名取 大樹(北海道東川高等学校3年)


■佳 作

 無音

 宇留野 さくら(白百合学園高等学校2年)


 「あなたのこえを聴かせて。」

 佐々木 美奈実(北海道清水高等学校3年)


■井上靖ナナカマドの会賞

 境界線の向こう側にいる僕へ

 福田 大貴(北海道旭川永嶺高等学校1年)


■井上靖生誕110周年記念特別賞

 声なき声

 小宮山 響(白百合学園高等学校2年)