〈サイト内検索〉

    井上靖   石碑 展示室 応接 壺 書斎   キャッチコピー

無休開館のお知らせ

6月から9月まで当館は無休開館となります。

開館時間は、午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)です。

駐車場のご案内

バス・自家用車でご来館の方用 周辺地図(PDF)


工事のため、当館正面裏の駐車場が7月5日(火)・6日(水)の2日間使用できません。

お車でお越しの方は、恐れ入りますが当館までお問い合わせください。

TEL 0166-51-1188

喫茶コーナーの営業が始まりました

ボランティア団体「井上靖ナナカマドの会」による喫茶コーナーを営業しています。

【期間】6月~10月の土・日・祝および11月3日文化の日

【メニュー】トースト・ドリンク(コーヒー・紅茶・アップルジュース)

第5回 井上靖記念館青少年エッセーコンクールの作品を募集しています

募集テーマ 「先生」

応募締切  平成28年9月12日(月)必着

募集要項はこちら

公式ツイッターを始めました

井上靖記念館の公式ツイッターを始めました。

企画展やイベントの情報、当館からの風景などをお知らせします。ホームページと併せてぜひご覧ください。


井上靖記念館公式アカウント @Inoue_Memorial


参加者募集中の催し物


現在、参加者募集中の催し物はありません。


現在開催中の企画展

企画展  井上靖「流沙」の背景 舟越保武の挿絵原画展

企画展ページへ

期間 平成28年4月16日(土)~7月10日(日)


平成28年度第1回目の企画展です。


「流沙」は、毎日新聞 に昭和52年から昭和54年まで515回にわたって連載された長編小説です。彫刻家舟越保武が初めて挿絵を描いたこの物語は、ボン在住の考古学者左門東平とパリ在住のピアニスト春枝章子のスイスでの結婚式から始まり、二年半にわたる二人の別離と再会を描き、愛の形を追求しています。 今回の展示では、毎日新聞連載の紙面と舟越保武の原画三点、東平が巡ったアフガニスタンやパキスタンの遺跡、章子が訪れ心の傷を癒したロダンミュージアムや奈良の仏像を井上靖のアルバムや写真集から紹介します。